仙台で美容整形を行う│美容整形で保険が適用される症状

二重まぶたの再手術

婦人

二重の美容整形でよくあるのが、「二重のラインが予想よりもくっきりしすぎて違和感がある」、「芸能人と同じように幅広い二重にしてもらったが似合わなかった」といったような失敗例です。こうした失敗例は仙台でも例外ではなく、医師の技術差が分かれやすい美容整形にはどうしても起こりうる問題です。埋没法による二重まぶたの場合は、比較的手軽に治すことができますが、切開を行って二重まぶたにした場合は再度切開をする必要がでてきます。思い描いていた自分を手に入れるため、再度美容外科の利用を検討してみましょう。ただ、この場合は同じ医師で美容整形の施術を受けようと考える人は少ないです。多くの人は、より技術力の確かな医師を選びます。その際に気をつけておきたいことは、カウンセリングと実際に施術を行う医師が一緒かどうかです。仙台でもよくある例として、カウンセリングと施術の医師が違うことで、正確に患者の希望が伝わらずにイメージと仕上がりがずれてしまうというものがあります。ミスを防ぐために、カウンセリングの際に同じ医師が担当してくれるかどうかを確認しておくようにすることも大切です。また、他の美容外科で再度美容整形の施術を受ける時は数ヶ月以上期間を空け、状態が落ち着いてから修正の施術を受けるのが望ましいです。状態が落ち着く前に再度施術を受けてしまうと、落ち着いた後に修正した時と比べて仕上がりが悪くなってしまう可能性が高くなってしまいます。
仙台で一般的な二重まぶたの再手術の内容としては、前回の切開線の上に新しく線を引いていき、新たな二重のラインを決めます。その後に局所麻酔を行い、デザイン通りにメスで切開します。しかし、このままだと前回の二重のラインが残ってしまいますので、前回の二重のラインの癒着を剥離してから縫合していきます。他にも、二重の幅を狭くする場合は前回の切開線の傷跡を切り取るという方法もあって、状況に合わせて使い分けられます。こうした手順で再手術が完了となります。仙台などで受けることができる美容整形は決して安いものではありませんが、妥協をせずに理想の自分を手に入れるために必要な投資だと考えるようにしてみてはいかがでしょうか。

Go to Top