仙台で美容整形を行う│美容整形で保険が適用される症状

美容整形のダウンタイム

女性

仙台でも利用されている美容整形の殆どは、一定以上の期間のダウンタイムを必要とする施術が多いです。ダウンタイムとは施術を行ってから回復するまでの期間の事をいい、主に美容整形のダウンタイム期間中は、腫れやむくみ、あざができやすくなっています。施術によっては日常生活に制限がかかることもあるので、施術を受ける際はダウンタイムにも注意をしておきましょう。症状や期間は個人差がでることもあります。仙台で一般的に行われている美容整形の施術の中で、ダウンタイムの短いものと比較的に長いものを簡単に比較すると、ヒアルロン酸注入と脂肪吸引が挙げられます。ほうれい線の対策などに使われるヒアルロン酸注入がダウンタイムの症状が軽いもので、身体の脂肪を体外に排出する脂肪吸引はダウンタイムが長いものになります。ヒアルロン酸注入は肌にうるおいを持たせてシワやほうれい線などの肌の窪みを改善するためのもので、施術も麻酔クリームを塗布してから注射でヒアルロン酸を注入するだけのものです。注射の後に少し膨らんでしまうことや内出血といった症状が出ることもありますが、症状が出ても基本的に2~3日程度で改善されます。日常生活に制限もなく、メイクや入浴、スポーツも当日から行っても問題ありません。反対に脂肪吸引はダウンタイムや術後のケアが大変な部類に入る施術です。麻酔を行ってから体内に管のような細い器具を挿入して脂肪細胞ごと脂肪を吸引する施術で非常に高い痩身効果がありますが、術後は圧迫下着を着用して24時間圧迫をする必要があります。タウンタイム序盤の数日は脂肪を吸引する部分によって痛みが酷い時もあって、痛み止めを服用して緩和する事もあります。1週間は施術部位がむくんでしまい、2週間目から皮膚が突っ張ったような感覚が出てきます。1ヶ月程度では細さも実感できて腫れやむくみ、あざも消えていきますが、マッサージなどの日々のケアは継続して行っていく必要があります。3ヶ月ほどかけて肌も身体に定着して、徐々につっぱりが消えて柔らかくなっていきます。このように、仙台で行われる美容整形の施術でもダウンタイムは様々です。仙台で美容整形を検討される際は、検討している施術のダウンタイムを把握してスケジュールを組むようにしていきましょう。

Go to Top