仙台で美容整形を行う│美容整形で保険が適用される症状

症例写真で医師選び

笑顔の女性

仙台で美容外科の医師を選ぶ際に気をつけておきたい事は、美容整形の症例写真の見方です。美容整形の症例写真は施術を受ける仙台の医師をリサーチする際のいい参考材料となりますが、正しい見方をしなければ逆効果になってしまうこともありますので気をつけましょう。症例写真でまず気をつけたいことは「施術箇所の全身が写っているかどうか」です。たとえば脂肪吸引で太ももの施術の場合、美容整形の症例写真には両ふともも全体が同じポーズで施術前と施術後を撮影されている状況が好ましいです。その理由として、まず全体を映す必要は左右のバランスに違和感がないかの確認のためです。片足だけの写真では、必ずしも両太ももを均等に脂肪吸引してくれるかどうかの判断をすることができません。特に脂肪吸引は医師の技術だけではなくデザインセンスによるものも多いため、均一にバランスが取れているかどうかというのは非常に重要な点です。また、写真というのは角度一つで見え方が変わってしまいます。真正面から撮影しているように見えても、足の角度を少し変えて映るだけで細く見えたり、太く見えたりしてしまいます。そのため、同じポーズで写っているかどうかが非常に分かりやすい全身の写真が症例写真としては一番判断材料となります。ただ、脂肪吸引でも二の腕の症例写真だけは二の腕の付け根あたりの変化を確認してもらうために、左右の側面から写真を撮影しています。そのためにどうしても片側だけの写真になってしまいますので注意しておきましょう。美容整形の症例写真をしっかり見極めることができるようになれば、好みの仕上がりにしてくれる仙台の医師を探す効率が格段に上がります。全身が写っているか、ポーズが一緒かといったチェックポイントを確認して、効率よく好みの仕上がりにしてくれる仙台の医師を探しましょう。

Go to Top